生理不順徹底ガイド TOP → 生理痛 生理痛の原因は?

生理痛の原因は?

生理痛というのは、何ともいえない痛みがあって辛いかと思います。ではなぜ生理痛は起こるのでしょうか。

冷え症による血流の不良、子宮・卵巣に問題がある場合、子宮の収縮が強い場合などに生理痛は起こります。子宮口が成熟していない場合もあります。また、子宮頸部がしっかり閉じていることが、生理痛の原因と理由に挙げられるようです。

人間は二足歩行の動物のため、赤ちゃんの重みを受け止めるのは子宮頚部になっています。そのため、人間の子宮頚部は繊維湿が非常に発達していて、しっかりした構造になっています。お産の時、陣痛が起きても子宮口がなかなか空かない原因もこの構造が挙げられるそうです。

子宮が収縮して血を出そうとしても子宮口が閉じてしまっていると、陣痛と同じような痛みが生じるようになります。これが生理痛になります。生理痛は出血が始める直前に痛みのピークがあります。生理が始まると少し楽になるという方が多いのはこのためです。

生理というのは、子宮内膜が剥がれ落ちる現象になります。子宮内膜が剥がれ落ちる時にプロスタグランジンと呼ばれるホルモンが分泌されますが、このホルモンが子宮を収縮させるのだそうです。

プロスタグランジンは脂肪でできていますので、この量が多いと子宮が必要以上に収縮してしまい生理痛がひどくなります。つまり、生理痛はホルモンのバランスが崩れて起こることが多いということになります。カルシウムなどが不足していても生理痛が起こるようなので、注意するようにしましょう。

痛みの原因物質となるプロスタグランジンが過剰になった後では鎮痛剤はあまり効かないといわれていますので、生理痛になる前にこの成分を抑えることが大切になります。

生理痛