生理不順徹底ガイド TOP → 生理痛 生理痛の症状

生理痛の症状

生理痛というのは個人によって違いますが、ほとんどの女性が経験するかと思います。生理痛は、女性の9割以上が悩んでいる問題だといわれています。多くは、生理が始まった1〜3日目あたりに下腹部に鈍痛がするというもので、生理になったこの3日間に生理痛がひどいという方がほとんどになります。

ひどくなると吐き気や頭痛、めまいや下痢、便秘などをしてしまい、イライラする症状も見られます。あまりの激痛に動けなくなったり、日常生活に支障をきたすような生理痛の症状のことを、「月経困難症」と呼びます。

月経困難症の場合は立ち上がることも辛くなり、時には痛みのあまりにうずくまってしまうこともあります。そのために仕事へ行けなくなったりすることもあります。月経困難症は生理の時に起こる子宮収縮が人より強かったり、ストレスなどの心理的要因によって起こる場合と、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が原因で起こることがあります。痛みがあまりにもひどい場合は無理をせずに、産婦人科で診察してもらうようにしましょう。

生理痛は冷えが原因でもひどくなりますので、血行を良くして体を温めることが大切です。生理痛があまりにもひどいと毎回寝込んでしまって、仕事や勉強などにも差し支えが出てきます。腹痛、おう吐、頭痛、腰痛など、様々な症状が起こります。辛いのは自分自身になりますので、生理の度に寝込んでしまうという方は病院で受診してください。

そして暖かい食事や飲み物を摂ったり、腹巻をして下腹を温めるなどの対策も忘れないようにしましょう。

生理痛