生理不順徹底ガイド TOP → 生理痛 産後、生理は軽くなる

産後、生理は軽くなる

産後、生理痛が軽くなる方は多いと言われていますが、これは事実なのでしょうか。個人差はありますが、産後の生理というのは2カ月ほどないというのが通常です。赤ちゃんを生むと排卵を促すホルモンが出にくくなりますので、生理が一度止まるためです。排卵が抑えられると子宮内膜の壁が厚くなることがないので、新しく子宮内膜を作る必要がなくなり生理がこなくなるのです。

しかしこれには個人差がありますので、1カ月後に生理が来る方もいれば、3カ月経っても生理がこないという方もいます。産後、生理痛が軽くなったという方は実際にたくさんいらっしゃいます。産後の生理が軽くなるのは様々な理由がありますが、赤ちゃんを産むことによって子宮頚部が開きますので、その部分が圧迫されなくなり、痛みが軽減されるのが原因ということが一番有力な説と言われています。

生理痛がひどい人の中には、子宮の入り口が狭いために経血が出にくくなることで生理痛を起こす人というのはとても多いようです。出産をすることで、体長約50センチの赤ちゃんが子宮を通りますので、産前と産後では子宮の入り口の広さというのも違ってくるのでしょう。そのため、出産をすることによって生理痛が軽くなるということは事実であると言えます。

産後、自然に生理痛が軽くなるのであれば嬉しいことかと思います。しかし中には、産後に生理痛がひどくなってしまったという方もいらっしゃいます。産後の方が生理痛がひどくなることもありますので、一概に「全員が軽くなる」とは言えません。

生理痛