生理不順徹底ガイド TOP → 生理不順を治したい 生理不順にいい漢方薬

生理不順にいい漢方薬

生理不順に用いられる漢方薬には様々あります。漢方薬というのはその人の体質、症状、状態、それから職業なども考えて選ぶことになりますので、その人に合う漢方はそれぞれ異なります。

生理不順に使われる漢方薬はたくさんあります。漢方では生理不順は気や血を作ったり、血の巡りを良くすることで悩んでいる症状を改善していくことが多くなります。以下に生理不順に良いとされている漢方をいくつか紹介します。

◆気虚(ききょ)
胃腸が弱く疲れやすかったり、生理の血の色が薄かったり、量が多くなりがちな人は生理の早まる生理不順の傾向があります。気虚タイプの人には、帰脾錠や衛益顆粒など、血虚も伴う場合は婦宝当帰膠を併せて使用しましょう。

◆熱過剰(ねつかじょう)
体力があり、生理の血の色は鮮やかで量も多めの人も、生理が早まる生理不順の傾向があります。熱過剰タイプの人には、涼血清営顆粒、瀉火補腎丸などを使用します。さらに性器に炎症があったり、おりものが黄色く多いときは、瀉火利湿顆粒も使って炎症を改善します。

◆血虚(けっきょ)
手足が冷え顔色が悪く、肌や髪が乾燥しやすく、生理の量は少ない人は、生理が遅れがちな生理不順の傾向があります。血虚タイプの人には、良い血液を増やし、血液の巡りを良くする婦宝当帰膠などを使用しましょう。

◆痰湿(たんしつ)
ぽっちゃりタイプで、疲れやすく、むくみやすい、生理の量は少なめ、舌にこけ状のものが付きやすい人は、生理が遅れがちな生理不順の傾向があります。代謝しきれず体の中に残っている余分な湿が、正常な血行や他の機能を妨害するためになります。

※漢方薬を使用する際は、必ず医師・薬剤師の指示に従ってください。

生理不順を治したい