生理不順徹底ガイド TOP → 生理不順を治したい ピルを飲むと?

ピルを飲むと?

ピル使うと、生理日を簡単に変えられることができます。生理不順の方であれば、生理の予定が立てられるのでとても便利になります。昔はピルを使用している方は少なかったですが、現代ではピルを使用して生理日を調整している方は少なくありません。

ピルを服用すると、黄体ホルモンが供給されます。ピルを服用しているときの子宮の状態は、排卵後に近い状態になるということになります。よって、ピルを服用し続けている間は生理がくるのを食い止めてくれます。そのため、ピルを飲むと生理が起きないようになります。

ピルを服用している間は生理がくることはありません。服用を中止すれば黄体ホルモンの供給がなくなり、子宮内膜が剥がれることを食い止めていた力がなくなりますので、生理が再び起こるようになります。

ピルの服用を止めてから大体3日後に生理がきますので、しっかりと生理周期管理ができるかと思います。しかし、体内の女性ホルモンがピルによって少なめにコントロールされるのは、ピルを飲んでから2カ月以上経ってからとなります。ピルを服用し始めて1カ月目の時は、まだ卵巣が完全に休みにはならないので、少し不安定な状態になります。

ピルで気になるのは副作用かと思います。最初に開発されたピルは副作用も大きなものでしたが、現在は非常に少ないホルモン量で効果が出るように改良されています。

ピルを飲み始めて最初の1ヶ月で吐き気、頭痛などの副作用が出る方もいますが、その場合でも2カ月も服用してれば副作用はほとんど出なくなります。長くても3カ月で副作用は収まるといわれていますので、それほど気にすることはありません。

生理不順を治したい