生理不順徹底ガイド TOP → 生理不順を治したい 生理の量が多く血の塊が出る

生理の量が多く血の塊が出る

出血量が極端に多いことを、過多月経と言います。過多月経とは、月経血が正常な血量よりも多く、正常範囲を超えている場合を言います。期間中全部合わせて、50〜100グラム程度が一般的といわれています。

ナプキンが1時間と持たず、外出もままならないような日が続く場合は、明らかに「過多月経」かと思われます。血のかたまりが出てくるということもあると思います。

月経で出る血というのは、子宮から剥がれ落ちた粘膜や粘液、血液が混じり合ったものになります。ときどきかたまりが混じる理由は、酵素が分解しきれなかった血液が出てくるためといえるでしょう。親指ぐらいの大きさであればあまり心配する必要はありませんが、手の平ほどのかたまりが出てくる場合は、何らかの異常がありますので注意が必要になります。

過多月経の原因は、大きく分けると2つあります。1つ目は精神的あるいは肉体的なストレス、体調不良、過労などが原因で起こることで、ホルモンバランスが崩れ、出血量が多くなったり少なくなったりすることがあります。なかでも、ホルモンの働きがまだ未熟な思春期の女性に多く起こります。

2つ目は子宮による病気が原因で起こることです。毎回出血量が多いのであれば、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮内膜増殖症などの疾患がある可能性があります。妊娠初期の場合は大量に出血すると流産という可能性もありますし、その他、鉄欠乏症の貧血を起こすことも多いので、一度病院で受診されることをお勧めします。

生理不順を治したい